サロンの前に…体の仕組みを知ろう!

今、脱毛サロンが話題。

 

めんどくさいムダ毛ケアを毎日やらなくてもOKになると今人気沸騰中の美容法。

 

なのですがそんな光脱毛だけど、少し待って。みんなは体の毛の仕組みをわかってる?

 

サロンに行くその前に!

 

毛のことについて知っていることは大きな事です

 

それを理解しているかどうかでサロンを選ぶときに聞きたいことを聞きやすくなるんだよ。

 

でも、私たちの体毛の仕組みや構造を分かったうえでサロンを選ぶ人は意外と少ないんです。

 

このような理由から、今回は私たちに生えている体毛についてまとめました。

 

 

毛根部って何?

一番初めに私たちの毛がどんな仕組みになっているのか話しましょう。

 

皆様を悩みの種のムダ毛は見えるとこを「毛幹」肌から奥にあるところを「毛根」って呼びます。

 

もっと深く毛根の根元毛根部のふくらみを持ったところは「毛球」と呼ぶんだ。その一番奥深くには「毛乳頭」というところがあります。

 

ここには毛乳頭は毛細血管を伝って成長のための要素を吸い上げて体毛を長くさせる役目があります。

 

以上のことから毛が伸びるには毛の奥詳しく言うと一番奥に存在する毛球の先っぽについている毛乳頭が担っているのです。

 

以上の事からシェーバーや剃刀を使って見えてる部分を剃毛したとしても毛乳頭の部分が残っている限り、体毛は生えてきてしまいます。

 

さらに言ってしまうと毛乳頭のとこは「毛母細胞」と呼ばれるところが製造しています。

 

以上のことから強力な毛抜きで抜毛することで毛乳頭を抜き取っても毛母細胞の部分が存在する限り、

 

次の毛乳頭のパーツが作られてきてそっからまた毛が伸びてきます。

 

 

毛が生える仕組みと周期

体に生えている毛は長くなる、抜ける期間をおいて間を置きまた生えてを決まった周期でぐるぐる回っているのです。

 

毛の成長期には毛細血管から毛乳頭にまで栄養が運ばれてきて毛母細胞にまで達します。

 

そしたら毛母細胞の細胞がたくさんに分裂して毛球が製造されます。

 

そうしたら次に毛母細胞がこの流れて細胞が分裂してきて分裂した細胞たちが毛としてお肌の外の見える所まで次々伸びます。

 

丁寧に言うとどのくらいで毛が伸びるかは毛によって差異があります。頭にある毛髪は成長スピードはとても速く24時間で0.3〜0.4mmくらい長くなります。

 

ちなみに脇に生えている毛も成長が速く1日で0.3mmも長くなってきます。また、眉毛・まつ毛になると長くなるスピードは落ちて1日かけても0.18mmぐらいです。

 

以上説明したようにひとまとめに体毛といっても、伸びる速さは全然異なります。

 

 

毛の周期について

さらに、先に記述した毛の周期とはどういうものがあるのか、簡潔にですが詳細をまとめます。

 

初めの所で毛は生えること・抜けること、生えることを繰り返していると話しました。

 

さらに体の毛は休止の時・成長の時・退行の時と新しく生え変わってくるための3種類の期間が存在するんだ。

 

休止期の毛は皮膚の見えない部分で毛が長くなろうとしている用意をしていて、成長期で栄養分などを得ながらどんどん長くなります。

 

退行期になると体毛と毛乳頭のつながっている部分が弱まって抜け落ちるといった周期を指します。

 

以上のため、成長期の体毛を除去してもお肌の奥のわからないところにこの次に生える毛がある状態です。

 

以上のようになっているので一生懸命抜毛したつもりでも時期になるとその後も生えてきて成長してきてしまうというわけです。

 

加えて言うと私たちが見ることができる部分は半分くらいもないと報告されています。

 

さらにこれ以上に周期は体毛があるところで少しだけですが違ってきます。

 

毛の中で事の他抜け落ちるまでの周期が時間がかかるのは、頭部の毛で伸びる時期が3年以上あって退行の時期になると自然に落ちていきます。

 

よく言われていますが、毛髪は1日で50本ほど自然に落ちると言われます。

 

さらに言うと体の所と顔の所だと顔の毛の方がサイクルが抜けるまで間がないと言われています。

 

顔の毛はほとんどが2カ月程度の毛周期で体の毛は多くの毛の周期が3ヶ月で抜けます。

 

以上の理由で顔と身体を一度にケアしたとしてもフェイス部分に生えている毛がすぐに伸びます。

 

 

体毛の役割

ムダ毛とは言いますがムダってよばれていてももちろん理由があります。その役割について、まとめて説明しましょう。

 

我々の毛は1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能これら4つの役割を持っています。

 

まず、皮膚の保護機能は物の接触から守るため言っています。

 

実感しやすいものでは頭は髪の毛、ワキの部分はワキ毛が摩擦から守ってくれていることがのです。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

寒いところで熱を保ってくれ対して強い光が当たるところで熱や光を防ぐ断熱機能があります。

 

さらに、感覚機能です。

 

少しですが毛には感じる機能が存在しています。毛がばくなると感知機能が少しですが落ちてしまうと説もあります。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

我々の毛には紫外線をカットしてくれる役目もあるんだ。

 

これらのように、ムダ毛と呼んでてもちゃんと意義があります。

 

 

きちんとサロン選びを!

いかがでしたでしょうか。

 

毛ってどんなものなにかムダ毛ってどんなものなのかわかっていただけたでしょうか。

 

毛の事を詳しく知れば光脱毛って何かどのくらい通うべきか理解しやすくなってお店を選ぶときに手助けになること間違いないでしょう。

関連ページ

自己処理よりサロンが効く!
自己処理よりサロンが効きます。費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなど自己処理よりサロンでの脱毛が断然効きます。是非ご利用ください。
脱毛は1回で終わらない訳とは?
脱毛が1回で終わらない訳について説明いたします。主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違います。脱毛が1回で終わらない訳が分からない方は、是非ご覧ください。